Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

チャンドック、英チャンネル4のピットレポーターになる

英国 テレビ デイビッド・クルサード マーク・ウェバー スージー・ヴォルフ カルン・チャンドック

英Channel 4 の新しいF1中継の布陣が明らかになった。初めてF1放映権を手に入れたイギリスの民放局が、2016年からどうやってこのスポーツに取り組むのか。どうやらファンへの「過剰接待」モードで臨むようだ。

Karun Chandhok

2016年1月ごろ、英Channel 4の新しい放送スタッフとして既にデイビッド・クルサードの就任が発表されていた(クルサード、チャンネル4の解説者に就任 - AUTOSPORT web)が、その他の陣容は明らかにされてこなかった。しかし、どうやら元F1ドライバーや元BBCのクルーなど、かなりのよく知られた面々を採用するかたちに落ち着きそうだ。

つい先日、2016年3月に英ガーディアン紙が報じたところでは、スージー・ヴォルフとマーク・ウェバーの二人が、クルサードと共にChannel 4 の解説陣に仲間入りすると言われていた(Susie Wolff set to star among revolving cast in Channel 4’s F1 coverage | Paul Weaver | Sport | The Guardian)。

The former Williams test driver, who is also the wife of the Mercedes motorsport director, Toto Wolff, is not expected to feature every time. But she is set to be one of the biggest attractions as Channel 4 announces plans to change its talking heads from race to race. (Susie Wolff set to star among revolving cast in Channel 4’s F1 coverage | Paul Weaver | Sport | The Guardian

スージー・ヴォルフは、2015年までウィリアムズのテストドライバーを務めたが、昨年11月に引退を発表した(ウィリアムズF1チームの女性テスト・ドライバー、スージー・ヴォルフがレースから引退を表明 - Autoblog 日本版)。ガーディアン紙のポール・ウィーバー記者は、毎回の出演ではないだろうが、ヴォルフが Channnel 4 中継の目玉の一つになると予測していた。なぜなら、Channnel 4 は中継の司会者を統一せず、レースごとに変える計画を明らかにしているからだ。

When I put this to Channel 4, in general, and David Coulthard, in particular, they stonily refused to confirm it. But my understanding is Wolff will join others, including the former Red Bull driver Mark Webber, in an effort to mix up the opinions that are given to us. (Susie Wolff set to star among revolving cast in Channel 4’s F1 coverage | Paul Weaver | Sport | The Guardian

しかしながらこの件についてウィーバー記者は Channnel 4 とデイビッド・クルサードに問い合わせてみたが、彼らはまるで「石のように(stonily)」YESとは言わなかったという。しかしウィーバー記者は、スージーの他にも、元レッドブルのF1ドライバーであるマーク・ウェバーも中継に加わることが期待されると予測していたが、なんとこの予測は正しかった。

Channel 4 の公式twitterが、その陣容を明らかにした。

まさに「ドリームチーム」の誕生だ(Channel 4 reveals “dream team” for 2016 Formula 1 UK TV presenters // F1 News // James Allen on F1 – The official James Allen website on F1)。えーと、どこからつっこみをいれたらいいのか……

クルサード、ウェバー、ヴォルフ、と、なんとなく「クルサード人脈」な感じが漂う「センターの3人」から、アラン・プロストやブルーノ・セナまでいるような……というか、右から左までどこかで見た顔ばかりのような……いやいや……日本からすれば羨ましい、いや、「ファンの求めるものをすべて与えた」というぜいたくな布陣だ。もしフジテレビNEXTがこの布陣を揃えてきたら僕は迷わず毎月CSにお金を払うだろう……しかし、英Channel 4は地上波デジタルのテレビ局で、「無料放送」なのだから、ますます羨ましい。

左にはマレー・ウォーカー御大、そして、まさかのニコラス・ハミルトン?(ルイス・ハミルトンの弟) そしてジェイムズ・アレンによると、アレックス・ザナルディも日替わりの解説陣に加わるという(Channel 4 reveals “dream team” for 2016 Formula 1 UK TV presenters // F1 News // James Allen on F1 – The official James Allen website on F1)。

ここでF1ワッチとして見逃せないのが、元F1ドライバーのカルン・チャンドックがピットレポーターとして Channel 4 に参加することが噂されていたが、それも実現したということだ(Webber, Wolff and Chandhok set to feature in Channel 4’s F1 line-up | The F1 Broadcasting Blog)。

Chandhok will not be the only person in the pit lane for Channel 4 as Lee McKenzie will also be reporting from track side. (Webber, Wolff and Chandhok set to feature in Channel 4’s F1 line-up | The F1 Broadcasting Blog

チャンドックに加えて、BBCでピットレポーターを務めた女性、リー・マッケンジーも Channnel 4 に加わる(参考:マッケンジーのプロフィール About Lee McKenzie | Lee McKenzie)。先日、当ブログで Channel 4 が BBC の中継テーマ曲をそのまま引き継ぐという記事を書いたが(F1中継のテーマ曲に呪われているのは、ファンかメディアか? - F1ワッチ (F1watch))、どうやら人的リソースでもかなり大胆に BBC を引き継ぐようだ。

なお、テストがおこなわれているバルセロナで、既に Channel 4 のマイクをもって取材をするチャンドックが目撃されている(https://twitter.com/suttonimages/status/705747273393840128)ので、既にレポーターとしてのお仕事は始まっている模様。

かくして「ピットレポーター カルンちゃん」が誕生したのである。(オチ)

(CC) Photo: Karun Chandhok | Flickr - Photo Sharing!