F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

交通タイムス社がmotorsports.comの株式の49%を取得、日本語展開へ

赤井邦彦を責任者に、motorsports.comが4月から日本語でニュースを配信する。

Friday Photos Week 2: News #3  Old news

Business Wireによると、日本の交通タイムス社が、motorsports.comの株式の49%を取得したという(Leading Japanese Digital Media Company Kotsu Times Sha Co. to Invest in Motorsport.com - JAPAN | Business Wire)。

交通タイムス社(→株式会社交通タイムス社)は1954年に設立された老舗の出版社で、雑誌『CARトップ』や、乗用車の車種別ムックの出版などでおなじみだ。

The strategic partnership between the two companies will expand Motorsport.com’s worldwide footprint with the launch of the Japanese-based digital platform, Motorsport.com – JAPAN, the company’s 18th global edition. (Leading Japanese Digital Media Company Kotsu Times Sha Co. to Invest in Motorsport.com - JAPAN | Business Wire)

motorsports.comは、モータースポーツジャーナリストの赤井邦彦を編集長に起用し、日本語による「電子版 (digital edition)」を展開するということだ。何らかの紙媒体が展開されることは、今のところなさそうだ。これは、上記のリリース記事によると、日本はmotorsports.comにとって18番目の多言語展開になるという(案外多い)。

気になるのは、motorsports.com は、ヨーロッパではなく、アメリカのマイアミを拠点としていることだ。ヨーロッパのモーターレーシングについての一次情報 (primary source)をどれだけ提供しているのか、今までF1ワッチでは motorsports.com をあまり取り上げていないので、よくわからない。

株式の49%を取得までした「本気」の日本展開に見えるが、交通タイムス社はいったい何が狙いなのだろう……。

(CC) Photo: Friday Photos Week 2: News #3 Old news | Flickr - Photo Sharing!

Remove all ads