Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

バック・トゥ・ザ・フューチャー?……アロンソとバトンのフラストレーション

フェルナンド・アロンソ マクラーレン ホンダ ミナルディ ジェンソン・バトン

マクラーレン・ホンダ、とりわけフェルナンド・アロンソの苦悩が伝えられている。先日のカナダGPではチームからの燃費走行の指示を拒否したことが話題となった(燃料セーブを拒否したアロンソ | ESPN F1)。

McLaren-Honda(マクラーレン・ホンダ) F1  MP4-30 展示車
McLaren-Honda(マクラーレン・ホンダ) F1 MP4-30 展示車 by yuki_alm_misa, on Flickr

彼が無線でチームに訴えた内容は、英語版ESPN F1のほうが面白い記事になっている(Radio Ga Ga - 'Driving like this, we are looking like amateurs!')。ドライバーたちの感情が素直に表現されるチーム無線からは、レーサーが抱くフラストレーションを読み取ることができる……とESPNのソーンダースは分析する。

先日のカナダGPでは、何度も何度もチームからバトンとアロンソの二人に燃費を気にするように無線で指示が飛んでいたが、これは現在のマシンとパワーユニットが抱える根本的な問題のひとつとして浮かび上がっている(もうホンダだけに任せてはおけないとマクラーレン-TopNews F1)。

もはや現場(ドライバー)の努力ではカバーしきれない深刻な問題を含んでいると言えそうだ。

しかしレース中にそんなマシンを操るのはドライバーである。先のESPNの記事に示されているが(Radio Ga Ga - 'Driving like this, we are looking like amateurs!')、マクラーレン・ホンダの二人のイライラ感がリアルに伝わってくる。しかも、両ドライバーの個性がよく表れている。まず、英国紳士(?)たるジェンソン・バトンもかなり苛立っていたようで、チームからの再三の燃費セーブの要求に対して:

"You won't believe how early I'm lifting off"

「僕がどれだけ早くアクセルをリフト(・アンド・コースト)して燃費をセーブしているのか、君たちは信じないんだろうね」と、なかなかヒネリのきいた返事をしている。(ま、僕としてはこういうひねった返事をするのは溜まったストレスを発散するひとつの賢い方法だと思うので、F1ワッチ読者諸氏もぜひ職場で、学校で、真似をしてみていただきたい)

対するアロンソはチームからの燃費走行の指示に対して「やりたくない(I don't want)」とシンプルに答えている。その上で:

"Driving with this and looking like amateurs."

「こんなドライビング、まるでアマチュアみたいじゃないか」と、かなりストレートにチームに対してフラストレーションをぶつけている。

F1の文脈で「アマチュア」と聞いて、ルーベンス・バリチェロや佐藤琢磨が脳裏に浮かんだ人は、もはや歴戦のベテラン観戦者と言えそうだが(参考:2004 ヨーロッパGP バリチェロ 記者会見「佐藤はアマチュア」 - YouTube)、ここはぜひさらに3年ほど歴史を遡って、アロンソのデビューイヤー……彼が「アマチュアのひとり」だったころ……を思い出してみよう。

というのも、ジャーナリストのジェイムズ・アレンが指摘していてハッとしたのだが、今年のアロンソのリザルトは、数値上では、まるで15年前のミナルディのデビューイヤーのように見えるからだ(Frustrated Alonso relives the spirit of rookie year with Minardi // James Allen on F1)。

本当にそうだろうか。Wikipedia(フェルナンド・アロンソ - Wikipedia)で、アロンソのリザルトを確かめてみよう。

f:id:quzy:20150615212140p:plain

やはり華々しいチャンピオン・イヤーが目につくが、僕たちの関心は彼の最初と最新だから、ここで、2001年(ミナルディでのデビューイヤー)と2015年(マクラーレン・ホンダでの現在)を抜き出して見比べてみよう。

f:id:quzy:20150615212905p:plain

\そっくり!/

やはりアロンソはシーズン前、未来へタイムスリップするはずが、過去(ミナルディ)へと時間の流れを遡ってしまったのだろうか……というのは悪いジョークだが。

とはいえもちろん、2001年のミナルディと、2015年のマクラーレン・ホンダは置かれた状況がまったく違う。ミナルディのアロンソは周囲が驚く快走を見せつけ、彼のその後のキャリアを築き上げるスタートを切ることに成功したのだが、今は……?

(CC) 画像出典:McLaren-Honda(マクラーレン・ホンダ) F1 MP4-30 展示車 | Flickr - Photo Sharing!