Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

なぜマクラーレン・ホンダはドライバーを決められないのか

マクラーレン・ホンダが迷走している。チームは12月4日に開催された取締役会で来季のドライバーを決定すると見られていたが、決まらなかった(参考:マクラーレン 取締役会でもラインナップが決定せず)。

Honda RA272

エースドライバーにフェルナンド・アロンソが内定していると考えられている一方で、いったいなぜ、マクラーレン・ホンダはドライバーを決定できないのか。今回の記事では、スポンサー絡みと、チーム内の権力争いの、二つの側面から既存の情報を整理しておきたい。

1. スポンサーによる「おとなの事情」

ひとつめの憶測が、タイトルスポンサーとの関係である。今季のマクラーレンはタイトルスポンサーを持たないまま戦い続けた。しかし来季には大型のスポンサーとの交渉が進んでおり、そのスポンサーの意向によってもうひとりのドライバーが決まるので、発表できないのだろうという「おとなの事情」というやつだ。

そこで取りざたされたのが、知育玩具(ブロック)で知られるレゴ社である。この噂の背景には、レゴ社が今年の11月にマクラーレン、フェラーリ、ポルシェとの提携を発表し、各社のマシンをモデルとしたレゴのキットを発売すると発表したことがあったと思われる(参考:Lego announces partnership with Ferrari, McLaren and Porsche)。このニュースはマクラーレンの公式ニュースリリースでも報じられており(Lego announces partnership with Ferrari, McLaren and Porsche)、レゴファンであるF1ワッチ的にはかなり期待しているところである。

そして都合がよいことに、レゴ社はデンマークの企業であり、これは2014年のマクラーレンのドライバーであったケビン・マグヌッセンとのつながりを連想させた。つまり、レゴ社とのタイトルスポンサー契約がうまくいけば、アロンソはマグヌッセンと組むだろう、というのである。

しかしながら、この噂は公式にレゴ社によって否定された。4日、デンマークの新聞に対して、F1のスポンサーになることはブランドイメージにそぐわないとレゴ社のCEOが語ったのである(レゴ、マクラーレンのスポンサーシップを断る-TopNews F1)。

2. チーム内の権力争い

F1を「ピラニアクラブ」と名付けたのはロン・デニスである。その彼がマクラーレンに復帰したことは、チームにとっておおきな画期だった。今夏、マーティン・ウィットマーシュがマクラーレン社を解雇されたことも記憶に新しい(ウィットマーシュが正式にマクラーレンを離脱 - AUTOSPORT web(オートスポーツweb))。

ジャーナリストのジョー・サワードは、ロン・デニスが依然としてマクラーレンの株式の過半数を買い占めようと努力を続けていることが、ドライバー決定を長引かせている原因なのではないかと仄めかしている(Decisions at McLaren | joeblogsf1)。

確かに、ロン・デニスと、チームの新たなパートナーであるホンダのあいだで、主導権争いをめぐってチーム株式の買い占めが双方でおこなわれているという噂が、今季の序盤に報じられていた(マクラーレンとホンダを取り巻く驚きのうわさ - TopNews F1)。中東のパートナーがもつ株式を、デニス側が買収するか、それともホンダ側が買収するかで、どちらがマクラーレンの過半数の株式を持つかが決まるというのである。

3. それでは……?

では、以下はまったくの邪推になるのだが、もし本件がドライバーラインアップの決定に関わっているとすると? 

ロン・デニスがチーム内の闘争に勝利した場合、彼はいったい誰をアロンソのパートナーに選ぶだろうか。ケビン・マグヌッセンは、前代表のマーティン・ウィットマーシュによって抜擢されたドライバーであり、必ずしもデニスのタイプではないと見られている(参考:2013年の記事 マクラーレン、マグヌッセンのためにシート探し - AUTOSPORT web(オートスポーツweb))。ジェンソン・バトンも同様で、デニスはバトンを高く評価しているとは考えられていない(参考:ロン・デニスとは報道をネタにして笑ったとジェンソン・バトン-TopNews F1)。では、第三の選択肢があるのか。ジョー・サワードは、決定が長引くほど、ジェンソン・バトンに有利だと考えているようだ。

それではもしホンダが株式の過半数を握ったとしたら? やはりジェンソン・バトンが再びホンダをドライブするだろうか。それとも……?

(CC) 画像出典:Honda RA272 | Flickr - Photo Sharing!

Remove all ads