Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

なぜF1ドライバーは自転車に乗るのか

健康 自転車

なぜF1ドライバーは自転車に乗るのだろうか。ちょっと意外な答えがみつかったので、真偽不明の情報源だが、どうしても書きたいので、書いておくことにする。

bycicle path (Nex-5c Voigtlander Nokton 35mm f1.2)

もちろん最初に思いつく答えは、有酸素運動による心肺能力の向上、効率的な体脂肪率の減少、持久力の向上のために役立つといったあたりだろう。しかし、それだけではなく、F1ドライバーが患いがちな Heavy Legs(ヘヴィー・レッグ)という症状の改善に役立つからだと、いう文献がある。

その説を紹介しているのが、千葉県船橋市のカートコース「ネオスピードパーク」内の「コラム」として紹介されているF・デュフォレ博士が語る「F1ドライバーの肉体の秘密」である。

まず、急激なブレ-キングでなぜ心拍数が上がるのか。理由は、減速によるGフォースで大量の血液が下半身に集まり、心臓への戻りが悪くなってしまうからだ。これは「ヘビーレッグ症候群」とも呼ばれるもので、ドライバーは文字通り「足が重たくなった」ように感じる。
 この奇妙な足の感覚はとくに若いドライバーを苦しめる。あのプロストでさえ、かつては「足の静脈が何かおかしいと感じるときがあるがどうしたらいいのだろう」と相談に来たものだ。
 「自転車こぎをするといいよ」と私はそのときアドバイスした。それ以来、プロストの足に大きな問題が起きていないのはたいへん良いことだ。

「ヘビーレッグ症候群」とは、広く Heavy Legs と呼ばれるもののことだろうか。それはF1ドライバーではなくても僕たち一般人にも起こりうる症状のようで、やはり原因は下肢の血行に関することのようだ。F1ドライバーが特殊な重力下で患う症状を、僕たちは何らかの健康問題から患っているという可能性はある。

このアドバイスをプロストに与えたというのが、「フランスのローヌ・プーランに属するフィットネス・アドバイザー、フランソワ・デュフォレ博士」だという。その彼は「アラン・プロストや片山右京など10人の面倒を見ている」というのだが、残念ながらF1ワッチの取材では、インターネット上でその実在を追うことはできなかった。

「フランスのローヌ・プーラン」というのは、おそらくフランスの製薬会社 Rhône-Poulenc のことだろうと推測できる(ただし分割・買収が繰り替えされ、現在は存在しない)。「フランソワ・デュフォレ」は、おそらく François de Foret と綴るのだろうか? フランス語に疎いので間違っているかもしれない。これらのキーワードを手がかりに、上記の情報源となっている文献を辿ろうと思ったが、見つけることができなかった。

もし、千葉県の「ネオスピードパーク」に通っている読者のかたがおられたら、「あのホームページに載ってるコラムの、情報源(典拠)は何なんですか?」と訊ねてみてほしい……。

というわけで本件は、上記のように、情報源があまりにも謎なので、真偽不明、としておく。しかし、自転車を漕ぐことがある種のF1職業病の改善に役立っていると考えるのは、おもしろいので紹介した。

それにしても、その「フランソワ・デュフォレ博士」がアドバイスをしていたというアラン・プロストも片山右京も、今や立派な「自転車マニア」(褒め言葉)である。もし彼らがスポーツ自転車に興味を持ったきっかけが博士からのアドバイスだったとしたら、自転車界とF1界を結びつけた博士の功績はきわめて大きいと言えそうだ。

余談。プロサイクリングチームのオメガファーマ・クイックステップのタイトルスポンサーであるオメガファーマ社はベルギーの製薬会社だが、同社は Heavy Legs の治療薬で圧倒的なシェアを誇っているのだという(Heavy Legsはフランス語で Jambes Lourdes)。情報源は OPQS rememdy for “heavy legs” - Thursday Shorts で、CMの動画もある。

海外のCMはセンスが独特だ。しかし、自転車に乗ることが本当に Heavy Legs 解消に効果があるなら、オメガファーマ社は自転車競技を後援し、サイクリストを増やすことで、結果として自社の商品を買い求める人間を減らしているのではないか。余計なお世話でした。

(C) 記事出典:F・デュフォレ博士が語る「F1ドライバーの肉体の秘密」(千葉県内のカートコース「ネオスピードパーク」内のコンテンツ)

(CC) 画像出典:bycicle path (Nex-5c Voigtlander Nokton 35mm f1.2) | Flickr - Photo Sharing!