F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

アロンソがル・マン24時間でスタートフラッグを振った意味(動画あり)

フェラーリはF1から撤退するかもしれないと噂になっているが、これは根拠のないものではないという。

きっかけは、ル・マン24時間レースでのアロンソである。アロンソは特別ゲストとしてル・マンに登場し、スタートフラッグを振ったのである。とはいえ、彼の旗の振り方が、カッコ悪すぎて残念感が漂っていた――と、先日開催された僕のポッドキャストの周年祭(まさにル・マン24時間レースと同時開催だった)で話題になっていたが、そのことではない(検証してみると、確かに、写真だとカッコよく見えるが(参考:Alonso: It would be nice to race at Le Mans | Grand Prix 247)、動画で見るとなんともダイナミックさに欠ける(参考:A special day for Alonso at Le Mans - YouTubeの2'20〜))

それはともかく、F1日程の谷間とはいえ、アロンソがル・マンに登場し、旗振り役を務めたことには、フェラーリの未来を示唆する何らかの「深い意味」があるのではないか、とパドックで話題になっていたというのだ。ジェームズ・アレンによる記事を紹介する。

f:id:quzy:20140618092608p:plain

Ferrari denies Montezemolo threat to quit F1

(Quoted from James Allen on F1)

Fernando Alonso waved the starter’s flag at the Le Mans 24 Hours race, one which is inextricably linked with the history of Ferrari, but at Maranello they were quick yesterday to shoot down a story in Wall St Journal which suggested that the Scuderia was poised to leave F1 to race again in the classic 24 hours race.

フェルナンド・アロンソがル・マン24時間レースでスターター役を務め、フランス国旗を振ったが、これはフェラーリの歴史と密接に関係している。昨日、米紙『ウォールストリートジャーナル』は、スクーデリア・フェラーリがF1を離脱し、ル・マン24時間レースに復帰することを示唆する記事をリリースしたが、マラネロは即座に否定した。

[訳注:スクーデリア・フェラーリは、現在はF1レース専業の部門のことであるが、1970年代までは下位のフォーミュラや耐久レースなどで活動をしていた。とりわけル・マン24時間レースでは通算9勝を挙げている。現在、フェラーリの名を冠してル・マン24時間レースに参戦しているのは、昨年小林可夢偉が所属して話題になったAFコルセで、これはスクーデリア・フェラーリとは完全に別の部門である]

"Of course,” Ferrari president Luca Montezemolo said, “We cannot do sports-car racing and Formula One. It’s not possible.”

フェラーリの総帥であるルカ・モンテゼモーロは「もちろん、我々がスポーツカーとF1という二つのレースをすることはできない。それは不可能だ」と述べた。

It came on the back of another Montezemolo interview in which he slated modern 2014 F1: “Formula One isn’t working. It’s declining because the FIA have forgotten that people watch the racing for the excitement. Nobody watches racing for the efficiency, come on.

私は、モンテゼモーロに対する別のインタビューを思い出した。彼は2014年のF1を酷評していたものだ。「フォーミュラ・ワンは、機能していない。FIAがレースを興奮をもとめて見ている人々のことを忘れているので、人気を失いつつある。もう誰も面白がってレースを見ていない。なんとかしてくれ」と。

"People watch racing to be entertained,” he said. “No one wants to watch a driver save gas or tires. They want to see them push from here to there. It’s sport, yes, but also a show.”

「ファンは楽しむためにレースを見るのだ」と彼は言った、「誰もドライバーがガソリンやタイヤを節約するところを見たいわけではない。ファンはドライバーが限界まで攻めるところを見たいのだ。それがスポーツであり、もちろん、ショーでもある」

The Wall St Journal – mindful of Montezemolo’s previous threats in 2009 to leave F1 if then FIA president Max Mosley’s infamous budget cap was adopted and the threats from Enzo Ferrari to quit whenever things got sticky in the past – concluded that “Ferrari Could Leave Formula One” adding “Chairman Suggests Possible Switch to Sports-Car Competition”

『ウォールストリートジャーナル』は、F1からの撤退を訴えたモンテゼモーロのこれまでの発言や行動、そしてエンツォ・フェラーリがかつて繰り返していた発言から、このように記事を結んでいる。「フェラーリはF1から撤退するかもしれない」さらに「チェアマンはスポーツカーレースへ切り替えることをほのめかした」。

Yesterday Ferrari distanced itself from such suggestions, “This is a bit of a stretch based on President Luca di Montezemolo reiterating that Formula 1 needs to evolve and renew itself, while also admitting that there is a unique attraction to the 24 Hour race.

しかし昨日、フェラーリはそのような推測を否定した。「それはルカ・ディ・モンテゼモーロの発言を少しばかり拡大解釈したものである。彼がF1から撤退すると言ったのは、F1がさらに進化し、新しいものになっていくためには、ル・マン24時間レースのような独自のアトラクションが必要であると言ったのだ」

Ferrari is committed to F1 to at least the end of 2020 thanks to the deal struck between Montezemolo and Ecclestone two years ago.

少なくとも2020年までは、フェラーリはF1に参戦する。モンテゼモーロとバーニー・エクレストンのあいだで2年前に結ばれた強力な契約があるからだ。

To say that after 2020, Ferrari could quit Formula 1 to concentrate on Le Mans and the Endurance championship takes his words to extremes. Plus of course, there’s nothing to stop Ferrari upping the ante and competing in both disciplines. So it’s just pure speculation.

しかし言ってみれば、2020年以降は、フェラーリはF1から撤退できる。モンテゼモーロの言葉を突き詰めれば、ル・マンや耐久レースに集中することもできる。さらにもちろん、フェラーリが分配金を釣り上げて、F1と耐久レースという二つのシリーズに参加することを止めるものは何もない。これはただ単なる推測であるが……。

以上、ジェームズ・アレンの記事を紹介した。

アロンソの旗振りの裏側で、これほどフェラーリの将来が懸念されていたとは知らなかった。もちろんアロンソはただのきっかけであり、その背景には、モンテゼモーロが繰り返しF1に対する不満を発言し、2009年のF1別シリーズ立ち上げ事件のときのような、フェラーリのF1撤退をカードとしてチラつかせていることが大局的な理由である。

一般的に「フェラーリ抜きのF1はF1ではない」と言われている。これはつまり、フェラーリとF1は一体であるということである。モンテゼモーロは泥舟からは一刻も早く脱出したいということなのかもしれないが、客観的にみると、泥舟とはスクーデリア・フェラーリそのもののことでもあるのではないか……という気もする。

(C) 画像出典:A special day for Alonso at Le Mans - YouTube

(C) 記事出典:Ferrari denies Montezemolo threat to quit F1 | James Allen on F1 – The official James Allen website on F1

Remove all ads