Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

ジェンソン・バトンの冴えない言い訳(動画あり)

つい先日、ジェンソン・バトンが英国の有名なテレビ番組を欠席した際の「言い訳」が話題になっている。この件について、BBCが公式にYouTubeに動画をアップロードして「笑いもの」にしているので(?)、それを一次ソースとして紹介しよう。

日本的にいえば「笑っていいとも」のテレホンショッキングのゲストをドタキャンした、ぐらいの感じで捉えてもらえればいいと思うのだが……。英語のリスニング練習にもどうぞ。

f:id:quzy:20140617084413p:plain

司会者:グレアム・ノートン(英国で「大人気」の芸能人)。ゲスト:キーラ・ナイトレイ(女優)、サミュエル・L・ジャクソン(俳優)、あと、本当はここにジェンソン・バトン(F1ドライバー)が加わる予定だったという……なんというセレブリティ・ショー。まさにジェンソンは「大物」だ。

司会者のグレアム・ノートンが、ジェンソン・バトンに電話をかけるところから動画は始まっている。以下、(あまり得意ではないので、おおまかに意味を拾っただけだと考えて欲しいのだが)、メモとしてトークの流れを書き出しておく。

………

グレアム・ノートン(以下GN)「ジェンソン、今日のお客さんがとっても残念がっているよ」(と、受話器を客席に向ける)

\ブーーーーーーーー!/

ジェンソン・バトン(以下JB)「本当にごめんなさい、今日はどうしてもそちらへ行けないような痛い目にあってしまって……」

GN「オッケーわかった、じゃあ、我々をいい気分にさせてくれるような言い訳を聞かせてもらおう」

(会場笑)

JB「えーっと、自転車に乗っていた時なんだ。とてもいい天気だったんだけど、蜂が一匹飛んできたんだ。で、そいつが……僕を刺した。ちょうど鼻のあたりをだ。それはもうビックリしたし、ひどく痛かった」

GN「そうだろうね」

JB「で、ひどい頭痛がしてきて……」

(というあたりでGNが受話器を下ろして呆れたような顔をみせる、会場笑)

キーラ・ナイトレイ(以下KN)「その電話のひと、本当にジェンソン・バトン!?」

GN「えーっと、ジェンソン、ちょっと確認したいんだが……、君はミツバチ(hives)に襲われたのか?」

JN「ああ……」

GN「たった一匹の蜂(a single bee)に? 一匹の蜂にかい?」(会場爆笑)

サミュエル・L・ジャクソン(SLJ)「ちょっとその話は信じられないね! 君の顔が見てみたいな!」

(会場、笑いと拍手)

JB「ええと、僕も信じられないよ」

GN「オーケー、ところでジェンソン、次はオーストリアGPだね。いい結果を出せそうかい?」

JB「ああ、もちろんそう願っている。でも、超高速で走る僕が、たった一匹の蜂にやられてしまうなんて……」

GN「ああ、信じられないね、信じられないね!」

(会場爆笑、拍手)

JB「ああ……」

GN「よし、ジェンソン、それじゃあ君の回復を願おう。次のグランプリでも健闘を祈っている。ばいばい、ばいばい」

SLJ「Bitch Your Face!!!」

(電話を切る)

GN「ははは、それにしても欠席者が出るとは。キーラ、君は映画の撮影で、とんでもなくひどい怪我を負ったことはあるかい?」

……と、ノートンが話をふると、キーラ・ナイトレイはそれほどひどい怪我は負ったことがないし、今は大丈夫なんだけど、ということで昨年の11月にある映画の撮影でちょっとした距離(椅子からドアまで)走らなければいけなくて、椅子から立ったときに脚のどっかの筋肉を痛めて、一ヶ月ほど歩くのが大変だったという話。サミュエル・L・ジャクソンは、10月にドイツで映画の撮影をしていたときに高いところから落ちて左肩を強打し、左肩の骨が上に突き出してしまうという大けがを負ったけど、肩の機能には問題がないと腕を振り回してみせる。司会のノートンがこれを見て……

GN「それ、痛くないの?」

SLJ「痛くない。むしろサイコーだね」

(会場笑い)

GN「ジェンソン・バトンさん、もし今この番組を見てくれていたらわかったと思うが、これこそが怪我ってやつだ」

(どっとわらい)

以上、英国の金曜夜の人気番組「グレアム・ノートン・ショー」から一場面を紹介した。

個人的な話だが、僕が英国にいたとき(2000年代)のBBC金曜夜のスターといえばジョナサン・ロスだったのだが、彼はBBCから降板してしまった。それをきっかけに、このグレアム・ノートンが後継者として、同じ時間帯に同じようなトークショーをやっているようだ。隔世の感がある。

……それはともかく、オーストリアでジェンソンが「どんな顔」をして出てくるのか、我々は楽しみにしておこう。

(C) 動画出典:Jenson Button's bee sting excuse - The Graham Norton Show: Series 15 Episode 11 preview - BBC One - YouTube

Remove all ads