Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

ザウバーはロシアからの投資を待ち続ける

ロシアからの資金は果たしてザウバーに届くのだろうか。ザウバーはこれまでロシアからの便りを待ち続けているが、それが届かぬあいだに破談になるかもしれない。ザウバー代表のモニシャ・カルテンボーンは、スペインGPでその不安をメディアに対して明らかにした。サイト『F1ファナティクス』が紹介している(Sauber's Russian deal delayed by Ukraine situation - F1 Fanatic)。

At Odessa Station

ザウバーは複数のロシア企業から投資をうける予定だった。

Sauber’s planned investment deal involving Russian companies has been thrown into doubt by sanctions imposed on the country following its actions in Crimea.

しかしながらクリミア半島におけるロシアの行動に対して国際的な制裁が検討されていることによって、ザウバーの計画は不安視されている。

Last year Sauber announced a collaboration with Russia’s National Institute of Aviation Technologies which would bring investment into the team. But during today’s Spanish Grand Prix press conference team principal Monisha Kaltenborn said that was now in jeopardy:

昨年、ザウバーはロシアの国立航空技術研究所とのコラボレーションを発表した。それはチームに対する投資がなされるというものだった。しかしスペインGPの記者会見で、チーム代表のモニシャ・カルテンボーンが明らかにしたところによると、現在その計画は危機に瀕しているという。

“We’ve definitely seen an effect because a lot of our talks, which are very advanced, have virtually come to a standstill because people are waiting and seeing what’s going to happen and nobody really knows the entire impact it’s going to have.

「これまでロシア企業と私たちのあいだでは多くの話し合いが持たれ、それらはとても前進していると自信をもってきた。しかしその計画は事実上、行き詰まっている。なぜなら、私たちはクリミアにおいて何が起きるのかを見届けようとしており、その影響がいったいどこまで及ぶのか誰にもわからないからだ」

“The sanctions that have now been imposed here are really biting some of them. So they’re very careful which again leads to that we simply have to wait. And there’s nothing we can do about it. So we really hope that the situation can be clarified soon and all our deals can be sorted out.”

「ロシアへの制裁処置は現在も行われており、それらは有効に機能してきた。だから私たちはたいへん慎重である必要があり、再びただひたすら待つしかない状況に陥っている。この件に関して、私たちにできることは何もない。私たちはただ状況が近日中に解決され、私たちとロシア企業との契約も順調にいくことを祈っている」

ロシアとザウバーの提携は、その契約の発表当時から「絵に描いた餅」との指摘もあった。2014年が開幕しても結局、ロシア人ドライバーのセルゲイ・シロトキンはザウバーのリザーブ・シートを得ることはなかったので、依然として何らかの資金提供がチームに対してなされていないのではないかと考えられていた。小林可夢偉によると、彼が2014年にF1復帰を検討した際、古巣であるザウバーから前向きな回答を得たとのことだったが、その条件は「ロシアとの取引がうまくいったら」であったという(参照:小林可夢偉、F1復帰の軌跡を振り返る | 日刊SPA!)。

ザウバーも、目の前の開発を進めていかねばならないのだから、いつまでも来ない船を待っているわけにもいかないだろう。いまのところ、ウクライナの危機が解決する見込みもない。プーチンは諸外国に対する強硬な姿勢を崩していない。ザウバーは、いったいどうするのだろうか……。

(C) 記事出典:Sauber's Russian deal delayed by Ukraine situation - F1 Fanatic

(CC) 画像出典:At Odessa Station | Flickr - Photo Sharing!

Remove all ads