Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

ロータスが賞金システムの変更を要求

ロータス ジェラルド・ロペス 予算制限 コンコルド協定 バーニー・エクレストン

F1チームは成績に応じた賞金を獲得している。その金額はバーニー・エクレストンとチーム間の二者契約によって定められているが、その金額があまりにも不平等であるという批判がある。特にリザルトの上位のトップチームと、下位チームのあいだの賞金額の格差があまりにも大きすぎるので、公平な競争を保証できないというのである。英オートスポーツがロータスの新代表ジェラルド・ロペスにインタビューした記事で、問題提起している(Lotus boss Lopez calls for F1 prize money structure rethink - F1 news - AUTOSPORT.com)。

Formula 1 - Großer Preis von Deutschland - Nürburgring 2013

F1参戦にかかる費用の高騰が話題になっているなか、チームへの賞金(分配金)システムへの関心が高まっている。

Amid growing concerns about F1's costs spiralling out of control, there has been an increased focus on the way that its prize fund heavily favours the top teams and ends up sealing their advantage.

賞金がトップチームに対してあまりにも優先して支払われすぎており、結果としてトップチームを優遇しているからだ。

F1's biggest earners Ferrari and Red Bull took home around £100 million each last year from their share of the commercial rights money that is given to teams.

F1で最も賞金を稼いでいるのはフェラーリとレッドブルで、約1700億円を毎年獲得している。テレビ放映権などのF1の商業権の売り上げが、各チームに分配されているからである。

That is vastly more than the £40 million Lotus got for finishing fourth - or the £6 million that Caterham got for finishing in the top 10.

ロータスはコンストラクターズチャンピオンシップを4位で終えたことで、700億円を超える賞金を獲得する。ケータハムが最終的に10位以内に入れば100億円を手に入れる。

With the huge disparity between the top and bottom teams being in stark contrast to the way other sports operate, Lopez thinks that the payments need looking at again.

ロータスの代表、ジェラルド・ロペスは、トップチームと下位チームのあいだの賞金額の格差があまりにも大きすぎて、他のスポーツの運営方法とあまりにも違うので、賞金の分配方法を考え直すべきだと考えている。

"What was true two years ago is maybe not true anymore - in terms of where the sport is going.

「我々が2年前にバーニーと合意した賞金の分配方法[訳注:コンコルド協定]は、多分もう時代遅れになった。このスポーツは常に変わり続けている」とロペスは言う。

"Two years ago we were told the engines would last longer and be cheaper than what we had - but they are now almost twice as expensive.

「2年前、エンジンはこれからもっと長持ちするようになるだけでなく、もっと安くなると言われていた。しかし今や、エンジンは当時の2倍も高価になってしまった」

"I am not saying everyone has to get the same - but how do you make sure every team at each level has enough to sustain a good campaign and provide a good spectacle."

「私は全てのチームが同額を得るべきだと言っているわけではない。しかし、どのようにして全てのチームが同じレベルで競争できることを保証できるのか、どのようにして良いレースを続け、良質なエンターテイメントを提供できるのか」

F1のレースをより面白くするために、毎年テクニカル・レギュレーションは改定されるし、ペナルティ・ポイントのようなスポーティング・レギュレーションも常に新しいものが考案されている。しかしながら、F1の賞金金額の分配を見直すことも、よりF1レースを面白くするための要素になりうる。あまりF1で賞金の話は表立ってなされないので、F1ファンはこのことを忘れがちだ。

現在のところバーニー・エクレストンが賞金額の決定権を握っており、各チームは彼に従っているのだが、だからといってバーニーひとりが悪人で、フェラーリやレッドブルが無罪だと言うわけではない。

常に「公平(fair)」と「平等(equality)」の差は常に議論になる。

(C) 記事出典:Lotus boss Lopez calls for F1 prize money structure rethink - F1 news - AUTOSPORT.com

(CC) 写真出典:Formula 1 - Großer Preis von Deutschland - Nürburgring 2013 | Flickr - Photo Sharing!