F1ワッチ (F1watch)

Watching the Formula One from an Armchair

フェルナンド・アロンソ

おたよりを紹介しつつ、F1ヘルメットの勢力図の変化について語るポッドキャストを配信しました(RF1W 154: @quzy w/z @ralfsan)

ラルフさんをバディに迎え、ニュースではF1ドライバーのヘルメット勢力図が大きく変化しつつある現状について語りました。イタリアのスティーロ社の躍進、アロンソとボッタスのブランド変更に注目。そして、これまでいただいた番組宛おたよりを3通ご紹介:F1…

バック・トゥ・ザ・フューチャー?……アロンソとバトンのフラストレーション

マクラーレン・ホンダ、とりわけフェルナンド・アロンソの苦悩が伝えられている。先日のカナダGPではチームからの燃費走行の指示を拒否したことが話題となった(燃料セーブを拒否したアロンソ | ESPN F1)。 McLaren-Honda(マクラーレン・ホンダ) F1 MP4-3…

スイスの秘密口座が暴れ、ブリアトーレ、アロンソ、コバライネンの名が晒される

おそらく #SwissLeaks というタグに気がついたF1ファンは多くないかもしれない。しかし英HSBCの元従業員が、同行のスイス支局の口座リストを国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)らに提供した件は世界的には大きな話題だ(参考:「スイスリークス」に日本人…

チーム・アロンソ、実現せず

速報としてお伝えする。フェルナンド・アロンソが結成を目指していたとされるプロサイクリングチームは、少なくとも2015年には実現しないことが判明したようだ。 フランスのレキップ紙が、スペインのAS紙の情報として伝えている。

チーム・アロンソはサーベロの自転車を使用:6年越しの伏線を回収か

アロンソのプロ自転車チームが10月にも正式発表されると、複数の情報筋が伝えている。F1ワッチでも既報の通り、イタリア籍のチームライセンス(キャノンデール、旧リクイガス)を買収するかたちでスタートするとの観測だ(参考:アロンソの自転車チームに残…

アロンソの自転車チームに残された道は既存プロチームの買収である

【注意】この記事の元ネタとなった記事が英語版Cycling Tipsから削除されたようだ(2014/8/19 21:00)。したがって本記事の内容も何らかの問題を孕んでいるのか、それともネットから削除される情報は正しいと考えるのかは、読者にまかせたい。 長らく続報が…

フェルナンド・アロンソがウィリアムズを訪問、という夏休みっぽい小話

思わず「あるんだ〜実際〜」というツッコミを入れてしまうネタをご紹介する。F1の長期休暇にあわせて、ほとんどのF1ジャーナリストも夏休みに入っているわけだが、そのせいで彼らのブログも、のきなみ休止状態か、軽いネタでにぎわっているところだ。 そんな…

アロンソがル・マン24時間でスタートフラッグを振った意味(動画あり)

フェラーリはF1から撤退するかもしれないと噂になっているが、これは根拠のないものではないという。 きっかけは、ル・マン24時間レースでのアロンソである。アロンソは特別ゲストとしてル・マンに登場し、スタートフラッグを振ったのである。とはいえ、彼の…

ソーシャルメディアを活用するトップアスリート:F1ドライバーの場合

F1ドライバーはTwitterやFacebookを積極的に利用して、ファンと交流すべきなのだろうか。世界的にみて、他のスポーツの有名選手はどのようにソーシャルメディアを利用しているのだろうか、それとも活用していないのだろうか。 現在、主にインターネットの普…

ジロ・デ・イタリアは終わったが、アロンソのチーム作りは終わらない

イタリアで開催されていたジロ・デ・イタリアが閉幕した。かねてからプロチーム設立の噂があるフェルナンド・アロンソ(参照:アロンソが計画中の自転車プロチーム、UCIに優遇処置を求める)は、終盤の第18ステージに登場して、表彰式のプレゼンテーターを務…

アロンソが計画中の自転車プロチーム、UCIに優遇処置を求める

フェルナンド・アロンソは、自転車好きとしても知られている。彼は昨年から本格的にサイクルロードレースのチーム、しかもツール・ド・フランスなどのトップカテゴリーのレースに出場できるUCIプロチームを作ろうとしている。しかし、その申請手続きに不満が…